法定講習

宅地建物取引士法定講習効果測定(確認テスト)を受けてみて

さっそく法定講習の確認テストを解いてみました。テキストはまともに読むと結構なボリュームがあるので、問題に関係のありそうなところを探しながら読む感じで行いました。 ちょっと検索すれば、ずばり回答そのものを掲載しているブログとか見つかる...
法定講習

法定講習自宅学習用テキストが届きました

宅建士証の更新のために、昨年末より法定講習受講について“ああだこうだ”していますが、最終的には秋田県宅地建物取引業協会の講習を自宅受講することに落ち着きました。 年が明けてすぐに申し込みをして、昨日テキスト類が送付されてきました。 ...
法定講習

宅建士法定講習途中経過、受講票が到着。

宅建士証更新のために法定講習を申し込んだのですが、「講習受講票」が返送されてきました。 受講票は、申し込みの際に自分の名前や性別、生年月日、宅建士の登録番号を記入して、さらに証明写真を貼付して郵送したのですが、そこに受講...
宅建実務

宅建業名簿記載事項変更届を失念してました。

宅建業者は都道府県に登録して免許証を交付して貰うのですが、ある一定の事項の変更があった場合は30日以内に届け出ないといけません。 うちの会社も事業承継とかを見据えて、取締役を増員しました。その取締役増員の商業登記も私がやらされるので...
不動産登記

また!?登記申請事前通知に認印押して返送して取下げへ

この話題は何度も取り上げていますが、不動産売買による所有権移転登記を申請する際は、権利書(登記識別情報)が無くても問題ありません。司法書士さんのようなプロなら本人確認とかの手続きとるらしいのですが、われわれ素人の本人申請の場合、法務局が事...
法定講習

宅建士法定講習を申し込みました

宅地建物取引士証の更新のために、「法定講習会」を受講しないといけないのですが、私は茨城県登録なので、基本、茨城県の講習受けないといけません。しかし、コロナの問題もあり、さらに交通費も馬鹿にならないので、秋田県内での受講を考えています...
宅建実務

宅建業者の帳簿の保存期間

そろそろ年末も近づき、大掃除を意識し始めると、身の回りの書類とかを捨てたくなります。   私は基本的に書類はpdf化して、evernoteで管理しています。なので、割と思い切って捨てるタイプなのですが、宅建業者として保存しておく書類があり...
法定講習

宅建士証更新のための法定講習を他県受講する事について(途中経過)

茨城県登録の宅建士が秋田県の法定講習を受講しようとしています。 秋田県宅建協会の講習を受けようと考えているのですが、そもそも可能なのか、宅建協会と茨城県の建築指導課に問い合せしてみました。 所定の手続きを取れば、可能のようです...
条文

宅地建物取引業法第二十二条の四(宅建士証の提示)

第二十二条の四 宅地建物取引士は、取引の関係者から請求があつたときは、宅地建物取引士証を提示しなければならない。
条文

宅地建物取引業法第35条第4項(宅建士証の提示)

第三十五条    (省略)   4 宅地建物取引士は、前三項の説明をするときは、説明の相手方に対し、宅地建物取引士証を提示しなければならない。   (省略)    
不動産登記

成年後見人との不動産取引と登記申請

不動産を処分したいと言うかたの相談を良く受けます。「子供に負動産を残したくない」って親御さんや、「親から相続したけど、どこにあるのかもわからない」って方、中には親の不動産を勝手に売却しようとしている方もいます。  そんな弊社に「成年...
法定講習

宅建士証更新のための法定講習受講案内が来ました。

宅地建物取引士証の更新のために、「法定講習会」の案内が届きました。最初に知事の登録を受けて、宅建士証の交付を受けてから5年も経とうとしているのですね。(※取引士証は有効期間が5年と決められていて、5年に一度法定講習を受講して更新しなければ...
不動産登記

由利本荘市の価格通知書の取り方。秋田地方法務局本荘支局の扱いが独特です。

秋田地方法務局本荘支局に価格通知書交付依頼書を貰いに行きました。交付依頼書の取扱いが独特でした。 評価証明書か価格通知書  弊社で不動産を購入する場合、自社で所有権移転登記を申請します。所有権移転登記を申請する場合、登録免許...
法人登記

株式会社本店移転登記に係る最小行政区画とは?

最初に結論 「最小行政区画」とは「市区町村」の事。 定款で本店所在地を「最小行政区画」まで定めている場合、総会決議は不要。 取締役決定書とは? 自分で作成した株主総会議事録なんかをたまに見直すのですが、おかしな箇所に気が付きました。   ...
法律行為

立木伐採請負契約は請負か?継続取引か?貼る印紙は?

業務委託契約書や請負契約書の作成を良くやらされるのですが、毎回契約書に貼付する「印紙」に悩まされます。 今回は、林業会社の弊社が、「他の林業会社に弊社の管理する山林の伐採を依頼」する契約を検討していました。忙しくて自社では伐採出来ない場合...
法人登記

会社法人等番号の調べ方

今更ながら随分前にコメント欄でも取りあげられた「会社法人番号」の調べ方をまとめました。   商号つまり会社名とその会社の本店所在地が分かれば、以下の方法で調べられます。  会社番号簿  各法務局に管轄区域内の会社法人等番号を記録した...
不動産登記

引っ越した後に市町村合併した場合の所有権登記名義人住所変更登記

相変わらず山林の購入依頼を良く受けますが、所有者の登記簿上の住所が引越し等により、現在の住所と異なる場合が多々あります。 引越しで住所が変わり、その後さらに市町村合併により住所変更がなされた場合、登記名義人住所変更登記を申請したら、登...
不動産登記

持分を数回に分けて購入した場合の「所有権登記名義人住所・名称変更登記」

山林の売買を担当していると、所有者が数人、多い所では十数人の共有地となっている山林なんかザラです。 全てまとめて購入出来てしまえば良いのですが、所有者の相続登記が終わってなかったりと、共有者の全員から全て同時に購入するのは難しく、持分...
不動産登記

【修正版】不動産登記用価格通知書の取り方と評価証明書との関係性

どういう訳かここ数年間の間に価格通知書を取り巻く環境が変わったようです。今まで簡単に取得出来ていたのですが、そうもいかない場合も出てきました。 そこで、以前も価格通知書の取得方法をご紹介しましたが、今回改めて【修正版】としてご紹介しま...
不動産登記

秋田県鹿角市役所で価格通知書取得してきました。

久しぶりに鹿角市役所行って価格通知書取得してきました。 鹿角市の不動産を扱う事も少ないですし、遠方の物件に関しては、最近は直接出向かないで郵送でやり取りする事が多いので、鹿角市役所行くのはは久しぶりでした。 直接市役所で取得可能 ...
タイトルとURLをコピーしました