更新された宅建士証が到着

法定講習

仕事から帰ると、見慣れぬ封筒。簡易書留で、自分宛の郵便。そう、自分で用意した返信用封筒。(会社の字の綺麗なお姉さんに頼んで書いて貰った)。

先日、現金書留で茨城県の宅建協会に宅建士証の請求。記録をたどると、3月23日に発送している。交付手数料に茨城県証紙が必要なのだが、秋田県在住の身で茨城県証紙が購入出来ないので、現金で納付。その領収書も同封されていたが、そちらの日付が3月25日。

当初は、交付申請から3週間くらいかかると言われていたが、実際は10日もかからないで新しい宅建士証が交付、郵送されてきた。

「これで宅建士業務が出来る!重要事項だってバリバリ説明しちゃうぞ!」なんて言いたいところだが、当社はそこまで宅建業を本腰入れて行っていないので、特に今のところ宅建士証を使う予定はありません。

そんな事より、新しい宅建士証に貼られた自分の証明写真が老けていて、見るたびに悲しくなる。(そりゃあ、今までの宅建士証は五年前の写真だったから当然老けるわな)。

老けているというより、太ったのが気に入らない。頑張ってダイエットしよう。

脱線したが、最近続いていた、「宅地建物取引士法定講習」から「宅建士証更新」までの手続きの流れはこれで終わりました。ご清聴ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました