宅建実務

宅建実務

建物賃貸借契約はやりたくない。借地借家法が厳しすぎないか?

前回、「建物賃貸借契約締結したら裁判沙汰になったので、今後は定期建物賃貸借契約にする」って記事書きました。 その記事内で争った建物の他にも会社所有の空いている物件がいくつかあって、入居者募集しているわけでもないのに、「空...
宅建実務

都市計画法と農地転用

農地を農地のまま売買等する場合は農地法3条。農地を農地以外に転用する場合は農地法4条。農地を転用目的で売買等する場合は農地法5条。 以上、農地法と言えば3条、4条、5条だけの問題だと思っていて、恥ずかしながら「許可」と「届出」の違い...
宅建実務

身分証明書や登記されていないことの証明書を委任状で取得する場合の注意点

最近、と言うかここ数年の話ですが、私の勤める会社では、事業承継を見据えて会社組織の変更や、運営体制の変更が頻繁に行われて来ました。で、新年度の始まりに合わせて役員が変更になったので、もろもろの手続きが必要になります。 宅地建物取引業...
宅建実務

宅建業名簿記載事項変更届を失念してました。

宅建業者は都道府県に登録して免許証を交付して貰うのですが、ある一定の事項の変更があった場合は30日以内に届け出ないといけません。 うちの会社も事業承継とかを見据えて、取締役を増員しました。その取締役増員の商業登記も私がやらされるので...
宅建実務

宅建業者の帳簿の保存期間

そろそろ年末も近づき、大掃除を意識し始めると、身の回りの書類とかを捨てたくなります。   私は基本的に書類はpdf化して、evernoteで管理しています。なので、割と思い切って捨てるタイプなのですが、宅建業者として保存しておく書類があり...
宅建実務

不動産評価額が50倍以上!不動産競売の落とし穴その2

不動産競売にて山林を落札しましたが、なんとその山林が宅地評価されており、固定資産評価額が2000万円超してました。そのため、所有権移転登記のための登録免許税が払えず・・・ 市役所に相談 当初の予定だと、固定資産評価額も数十万円で、所有権...
宅建実務

不動産評価額が50倍以上!不動産競売の落とし穴(泣

たまに、不動産競売サイトをチェックしていると、ごくごくまれに山林が競売にかけられている時があります。我が社は山林を積極的に購入しているので、こちらの山林についても会社からGOサインが出ました。 補償金も払って 内容を確認すると、会社から...
宅建実務

宅建士の年収・給料ってこんなもんか・・・

現役の宅建士です。正直転職を考えています。さて、新しい職場探すかな~ ハローワーク覗いてみる ざっくりフリーワードで「宅建」と入力して探してみます。思っていたよりも求人数は多いです。私の住む秋田県内での検索でも結構求人があるので、 都会...
宅建実務

宅建士の研修会とは?

所属する団体から研修会開催のお知らせが届いたので参加してきました。 研修会とは? 宅地建物取引業法第64条の6の規定に基づいて行われる研修です。(法に基づいている!!??)年に数回実施されています。 法に基づいていると言い...
宅建実務

宅建に関連する業界団体が複雑すぎる・・・

宅建業を営もうと、自分で立ち上げた会社等ならまだしも、我々従業員からしたら、業界団体の仕組みが複雑過ぎます。宅建士として業務を遂行していくためにも、必要な知識ですので、簡単なところからまとめてみます。 (社)全国宅地建物取引業協会連合会と...
タイトルとURLをコピーしました