山林調査を依頼すると費用はかかるのか?

山林売買

山林の売却をお願いされた時に、我々はその山林を評価するために、いろいろ調査します。私の会社では、いくら経費がかかっても、それをお客さんに請求することはりません。仮に値段の折り合いがつかず、売買契約締結まで至らなくても、やっぱりお金は頂きません。しかし、調査を依頼する事業者さんによっては、請求されるかもしれません。どういった費用が必要になってくるのか、お伝えします。

書類調査費

山林の規制や、場所を確認するのに、森林簿や森林計画図を用います。申請すれば、無料で交付されるのですが、交付請求のための日当が必要になるかもしれません。(私の会社では、県内全ての森林簿と計画図を用意していますので、わざわざ交付請求なんかしません)

登記簿謄本や公図は山林調査の際に、必ず取得する基本中の基本の書類なのですが、こちらは有料です。私は法務局に直接行って交付してもらう方法と、インターネットから請求して、ネット上で閲覧する方法を使っています。

法務局で取得すると、1筆ごとに登記簿が600円、公図が450円です。インターネットの登記情報サービスを利用すると、登記簿が337円、公図が367円。私の会社では、登記情報サービスへ登録し、利用していますので、基本的には登記情報サービスを利用しています。値段が安いですし、手軽ですからね。

値段が安いと言っても、これらは1筆ごとに課金されるので、筆数が大量だと、かなりの金額になりますよね。私の会社では、何筆あっても料金は頂きませんが、料金徴収する会もあるので、筆数が大量にある場合は注意が必要です。

現地調査費

まず、現地までの交通費がかかります。車移動なので、ガソリン代はもちろんの事、遠方なら高速代金も必要です。さらに当然数人の従業員の日当が必要ですね。私の会社では、実際に山林に入って伐採するような現場の方と、私のような取引専門の者と、最低二人で現地調査向かいます。安全面考えても、決して一人で行動することはありません。

もし山林を案内してくれる方がいれば、その方に日当を払う場合もありますし、またお昼をごちそうしたり、手土産を持って行ったりもします。

その他

山林に入るので、様々な装備を持参します。まずはもちろん資料のコピーを持参します。その他には、GPS機器なども持ち込みます。救急箱や、ブッシュナイフ等々・・・装備品をいちいち買い足すわけではないですが、それらの使用料も考慮しないといけませんね。

まとめ

資料調査費、さらに現地調査費として日当等があります。普通に考えたら、4~5万円くらい請求されてもおかしくないと思います。山林の売却を考えていて、仮に希望の値段で売却出来れば、これらの費用負担もしかたないかもしれませんが、あまりに安い金額しか提示されず、売買契約に至らなかった場合に、これらの費用を請求されたら目も当てられませんよね。

また逆に売主さんがこれらの費用負担をしかたないと考えていても、あまりに高額なら内訳を聞いた方が良いですね。私が考えるに、山林の調査費用なんて、こんなもんですから。

くどいようですが、私の会社ではこれらの費用を一切請求しません。しかし、他の会社さんの事はわかりませんので、山林の売却話を持ち掛けて、山林の評価をお願いする場合は、事前に費用負担があるのか、確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました