玉川温泉付近の熊はリュックを狙う

日記

人間を襲って喰らう人食い熊でなくても、意図的に人間を襲う熊がいます。

普通は逃げる

基本的に、熊は臆病な生き物なので、人間を見たら熊の方が逃げます。人間の存在に気づいていれば、熊から近寄ってくることはありません。だから、ラジオを持ち歩いたり、鈴付けたりして、熊にこちらの位置を伝えるのが重要なんです。

襲われる場合は、熊も人間も見通しの悪い山中で、お互いに気が付くことなく接近してしまった場合がほとんどです。

襲う熊は

人間を意図的に襲う熊は、ちょっと怖い表現ですが、「人間の味を覚えた熊」です。人間が弱い生き物で、食べることが出来ると学習した熊が、人間を襲います。これらの熊は怖いもの知らずですから、人間を見かけたら襲い掛かってくるでしょう。

人間の味を知らなくても、「子連れの熊」なんかは、子供を守ろうと、人間を襲う場合もあります。親が子を思う気持ちは、人間も熊も同じですね。

それともう一つ、人間を襲うタイプの熊が、「人間が食物を持っていると学習した熊」です。多くの方から話を聞いたのですが、玉川温泉付近の熊は、このタイプの熊らしいです。人間そのものは怖いのだけど、人間が背負ってるリュックサックの中に食べ物が入ってると学習した熊は、やはり人間を襲います。さらに、玉川温泉付近はいつも人間がいるので、人間そのものにも慣れた熊も多く生息するそうです。ですから、鈴などでこちらの居場所を伝えると、逆にそれらを追ってくる熊もいるらしいです・・・まあ、ちょっと極端な話だとは思います。

ゴミを捨てない

これらの熊は、おそらく人間の捨てたゴミを食べて、人間が食物を持ってると学習したのだと思います。結局は人間の責任なんですね。生ものだから、山林に捨てれば、すぐさま腐って土に返りますが、そういう問題ではなかったのですね。最低限のマナーは守りたいものです。

対処法

現実問題、山林で熊と出会って、その熊がどんなタイプの熊かなんて誰にもわかりません。ただ、山林で熊と出会ってしまった場合、リュックをそっと置いて逃げるのは有効な手段だそうです。

この時に注意しないといけないのは、絶対に投げつけてはいけません。熊もびっくりしてしまいます。そっと地面に置いて、自分もそっとあとずさりしてその場を離れます。

実際に山林で熊と出くわしたら、こんなに冷静な対応取れるか自分でも心配ですが、せめて知識としてでも知っていれば、万が一の場合に役にたつと思います。

独り言

最近、職場の中でも熊の目撃情報をたくさん聞くようになりました。人通りの多い国道のすぐそばの山林で、会社からも目と鼻の先です。食べ物探して、山を降りて来ているようですね。動物園や、テレビの中の熊は可愛らしいですが、いざ自然の中で出会う熊はやはり恐ろしいです。北海道のヒグマには敵わないけど、本州のツキノワグマなら勝てそうと思う方も大勢いますが、彼らの牙や爪を見たら考え変わると思いますよ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました