秋田県の山林の相場は?

山林売買

相続なんかで山林を取得したけど、山なんか興味ないし、売ってしまいたい。そこで、一番気になるのが、やはり値段ですよね。私は昨年だけで、およそ3,000,000㎡くらいの山林の購入に立ち会いました。それこそ1筆1,000㎡程度の小さな山から、1筆で500,000㎡を超すような山まで様々です。そんな私がざっくりと相場をお教えします。

基本は20円/㎡

基本は㎡あたり20円くらいです。例えば10,000㎡の山林だったら、20万円です。ただし、これはあくまで基本です。とりあえず山林売買の話が持ち上がったら、㎡あたり20円をかけておおよその金額を出します。その後は、その土地や生育している樹木等を調べて、最初に出した金額に加算していく感じです。そういう意味では、20円/㎡は山林売買の最低ラインかもしれませんね。(山林の大きさによっては、㎡あたり20円を切ることもありますので、あしからず)

小規模な山林の場合

例えば、1,000㎡程度の小さな山林ですと、基本の㎡あたり20円だと、20000円くらいにしかなりません。もちろん、この値段で契約が成立する場合もありますが、私の勤める会社だと、さすがにこんなに安く買うのも申し訳ないので、もう少し値段を上げます。場合によっては、㎡あたり100円くらいまで上げる事もあります。売主さんが近所だったり、知り合い、もしくは知り合いの紹介なんかの場合だと、やっぱり値段はかなり上がります。

実際、これだけ小さい山林買っても、林業会社としては完全に赤字です。木を伐採するにもお金がかかるので、わざわざ小さな山林なんか伐採しに行きません。

中規模な山林

中規模な山林とは、あくまで私の認識ですが、10,000㎡以上の山林です。正直このクラスの山林になると、もう値段がバラバラです。

このくらいの大きさがあると、会社としても実際に伐採することも考えられます。ですから、土地の大きさうんぬんよりも、実際に生育している樹木に着目します。小さい山林だと、土地そのものの値段みたいなもので、樹木の価値は考慮しませんが、中規模な山林ですと、土地よりも樹木に重点を置き、実際に現場を確認しに行ったり、樹木の林齢を調べたりと、いろいろ調べる手間が増えます。

先にも書きましたが、値段はピンキリです。実際に取引した事例ですと、30,000㎡程度で500万円の山林もありましたし、10,000㎡程度で20万円とかの事例もあります。ですからこの程度の大きさの山林ですと、㎡あたりの金額はあてになりません。信用出来る林業会社さんなどに、調査してもらうしかその価値は出せないと思います。

大規模な山林

10,000㎡以上の山林を、中規模の山林と表現しましたが、ごくまれに1筆で300,000㎡とか、中には1,000,000㎡を超すような大規模な山林の売買も行います。

基本は、先の中規模な山林と同じで、値段はピンキリです。ただ、中規模な山林の場合と違うのは、樹木よりも、土地の大きさについて重要度が増します。正直、これだけ大きな山林になると、実際に現場に行っても全てを把握することは出来ません。いちいち生育している樹木なんか調べてる時間もありませんからね。

では、大規模な山林の相場と言うと・・・・

正直、売主と買主の交渉で決まります。これだけ大きい山林ですと、買主側も値段を提示するのが難しく、お互いの交渉の中で、妥協点を探す感じです。事例をあげますと、400,000㎡で1,000万円。850,000㎡で1,600万円、800,000㎡で700万円などです。もうこれだけで、山林の相場なんてあってないようなものだとお分かりでしょう(汗

まとめ

㎡単価だけ見ると、小規模な山林が一番高くなる場合が多いです。単価が高くても、小さいので、たいした金額になりません。大規模な山林ですと、相場なんてあってないようなものです。実際、林業会社でも購入に踏み切るところは少ないと思います。相場相場って言葉を良く口にしますが、実際買う人間がいないと、相場なんて関係ないですからね。山林として一番実入りが良いのが中規模な山林です。林業会社も伐採出来るし、売り主さんも思わぬお金を手にする事が出来るかもしれませんしね。

林業会社からの立場の話ですが、ここ何年も材木の価値は減少しています。ですから、立木の価値もどんどん下がっているのが現状です。今後、山林の価値が上がるなんて話も聞きますが、秋田県内の土地の価値がもう20年以上下がりっぱなしなのを考えると、どうなんでしょうかね。

バブルの時のように、土地の値段がどんどん上がるのも考えられないですし、山林に生育している立木の価値が異常に上がるのも考えられません。どこかのタイミングで手放すことを決心しても良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました