秋田県内で熊被害多発!!

秋田県

秋田県内では熊による被害が多発し、毎日のようにニュースになっています。関東でも多くのニュースが流れているようですし、多くの方もご存知かと思います。毎日のように目撃情報がありますが、例年の10倍くらいあるんじゃないかと言われています。

山菜やたけのこ取りが危険

多くは地元の方でしょうが、山菜やたけのこ取りの最中に熊に出くわし、被害にあっています。通常の登山では、なかなか熊の被害にあわないと聞きます。なぜなら、しっかりと前を向いて歩いているので、仮に熊を見つけても、十分な距離が保てるからです。しかし、山菜やたけのこ取りとなると、下を見ながら歩いているので、熊の接近に気づくのが遅れるのです。

熊は臆病

基本的に秋田県に生息するツキノワグマは、臆病な動物ですので、人間を見かけたら、熊の方が逃げて行きます。余程特殊な個体でない限り、わざわざ人間を追いかけて攻撃することはないようです。では、なぜ襲われるか?それは、熊もびっくりしてるからです。例えば至近距離で熊と対峙した場合、たいていの人間はびっくりして声を上げると思います。と同時に熊もその声に驚いてしまうのです。びっくりして手を振る・・・人間でも同じ行動すると思いますが、熊も同じです。ただ、熊の方が力も強いし、鋭い爪もあるし、それらが人間には致命傷になるんです。

報道だけが全てではない

地元の方とかのお話を聞くと、熊なんかしょっちゅう見かけると言います。そんな地元の方達は、熊を見かけてもわざわざ通報したりしません。「目撃情報が○○○件あります」なんて、県のホームページやニュース等で報道されますが、全くあてになりません。ですから、報道されていない地域だから、熊なんかいそうにないから、なんて理由で山林に入るのは非常に危険です。

これだけ被害が多発しているので、はっきりと言わせてもらいますが、熊は意外な所にもいます!!絶えず車の通行が多い国道沿いの山林や、人間の多い観光地のすぐ近くなどで目撃されています。私も仕事で国道沿いの山林に入りましたが、しっかりと熊の足跡見つけました。さらにそういった所で目撃されている熊は、人間や自然界以外の音にも慣れている可能性がありますので、人間を見かけても逃げないかもしれません。逆に興味を持って近寄ってくるかもしれません。

共存したい

熊の被害にあわれて、亡くなった方もいらっしゃいますので、私自身すごく複雑な気分なのですが、出来る事なら熊と共存したいと思っています。何もお互いバッティングして、お互いの生活圏を脅かすこともないと思うのです。熊だって厳しい自然界で生き残るために毎日必死に暮らしていると思うんです・・・だから射殺されたなんてニュースを見ると、悲しくなるんです・・・お互いが傷つかないように、入山は控えたり、それでも入山する時は絶えず音を出したり(鈴やラジオ)、下ばかり見ないで周りを確認したりしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました