AbuGarciaのマイクロジグ専用ロッドSalty Style Micro SJ SMJS-962UL-KRレビュー

釣り

出展:https://www.purefishing.jp

秋田県に引っ越してきてからは、バス釣りでは無く、海でのライトルアー釣りばかりしています。「ばかりしています」と言っても、年間数回しか行かないですがね・・・いつもヤマガブランクスのBlueCurrent 85/TZ NANO All-Rangeで、3.5g~19gまで幅広くジグを投げています。

もっと小さなジグを投げれたら釣れるのではないか・・・?と思っていたり、どうやら最近「マイクロジグ」なる物が流行っていると知れば、やはり手を出してみたくなります。かと言って、私の腕だとBlueCurrent 85/TZ NANO All-Rangeだと3g以下は扱えないし、もっと柔らかめのロッドを同じヤマガブランクスで探すと、かなり良いお値段するし・・・

業界初マイクロジグ専用ロッド

そんなもやもやした日を過ごしていたら、AbuGarciaからマイクロジグ専用ロッドが発売されると!!??しかも、お手軽価格!!

8フィート6インチと、9フィート6インチの二種類が発売されていて、基本スペックは一緒。となれば、長い方が好みなので、9フィート6インチのSalty Style Micro SJ SMJS-962UL-KRを購入しました。(※この記事書いているのが10月なのですが、ほぼほぼ発売と同時期(2019年7月)に購入し、夏場に実釣してきました。)

スペックは?

ルアーウエイトが0.8g~15gって・・・そこまで軽い物から、重い物まで扱えるのか!!??と、このスペック表見た時は感動しましたね。自分のイメージではMAX7gくらいまで使えれば良くて、その上はBlueCurrent 85/TZ NANO All-Rangeを使用するのですが、逆に15gまで使えるならば、それだけロッドのキャパに余裕があって、丈夫なのかも!と勝手に思っていました。

実釣レビュー

とにかく長いです。振った感じは思ったより硬かったです。ラインはPE0.4を巻いていきました。で、まあ釣った魚の写真も上げてないくらいなので、釣れなかったし、また購入した事を酷く後悔しました・・・

ロッド購入と同時に1g~2gのマイクロジグを購入して、釣り場到着後さっそく使用したのですが、なんかキャストしてて気持ち良くない・・・投げれない事もないけど、やはりこれだけ軽いジグだとかなり無理しています。もちろん私の腕のせいでしょうが。もう少し重い物投げてみようかと、3.5gのジグ投げてみましたが、やっぱりなんか違う。とりあえず、1g~7gまでのジグを一通り投げてみましたが、どれもしっくりこなかったです。恐らくキャスト時のリリースポイントが、自分のくせに合ってないのだろうな~と。

またこれだけのロングロッドだと、1gのジグ扱っても、自分で何しているかわかりませんでした。感覚がぼやけてしまいます。恐らく当たっても、あわせられないのじゃないかな~(※あくまで私の腕、スキルでです。)

自分の腕が悪いのだけど

私は、年間に数回、しかも一回あたり数時間しか釣りをしないので、キャスト下手くそです。地元茨城県でバス釣りしてた頃は、ベイトでもスピニングでもそれなりに扱っていましたが、秋田県に引っ越して来てからは、滅多に釣り行かないし、おまけにバスロッドに比べたら、かなりのロングロッドですからね。

だから、Salty Style Micro SJ SMJS-962UL-KRが使いずらいってのも、私の腕が悪いからだと自分でも納得出来ます。ちゃんとキャスト練習すれば、軽めのジグも気持ち良くキャスト出来るはず!と思えます。

だけど・・・キャストしてて指が痛くなるのは、私のキャストが下手くそだからって事じゃないと思うのですよね。私は右手で投げて、左手でリール巻きます。そのキャスティングしている右手の指の付け根が痛くなります。つまり、リールを挟み混んでいる箇所です。ロッドのグリップの形状がいまいちに加えて、スポンジも無く硬いからでしょう。さらに、ロッドの重さもあって、しっかり支えるのに右手に力を加えるってのもあります。

どちらかと言うと、右手が痛くなるのは、キャスト時よりも、リーリング時のほうです。キャスト時は両手で投げるので、右手をかばえますが、リーリング時に、例えばリフトアンドフォールやジャークする時は、やはり片手でロッド保持します。この時に指にかなりの負荷がかかるのではないかと。

体感的な飛距離

普段使うBlueCurrent 85/TZ NANO All-Rangeが8フィート5インチで、今回購入したSalty Style Micro SJ SMJS-962UL-KRが9フィート6インチ。この二本で、3.5gジグを投げ比べた感じだと、All-Rangeの方が飛距離出ている気がします。

All-Rangeの適合ルアーウエイトの下限が3gで、Salty Styleの下限が0.8g。イメージ的には、下限ギリギリのAll-Rangeよりも、Salty Styleの方がしっかりルアーの重みを乗せてキャスト出来るはずだし、単純にロッドも長いので、Salty Styleの方が飛距離出ると思うのですが・・・なんでだろ?

ちなみに、私個人的にはAll-Rangeで3.5gはギリギリ扱えるレベルです。やっぱりキャストしてて気持ち良くない。でも、Salty Styleと比べたら、やっぱりAll-Rangeの方が投げやすいし、投げてて気持ち良いのですよね。ロッドの自重とかバランスの問題もあるかもしれません。4万円ちょっとのロッドと、1万円ちょっとのロッドを比べる事自体どうかと思いますがね。

まとめ

こんな事言いたくないけど、はっきり言って購入して失敗でした。後悔しています。そこまで高額なロッドではないので、諦めもつくのですが、自分の理想としている物とはかけ離れていました。

初めて購入するAbuGarciaのロッドと言うこともあり、過度に期待していたのは事実です。AbuGarciaって、「安くて良い物を出している」ってイメージがあったものですから。

私がやりたかった事と合致しないロッド(もっと言えば、All-Rangeで十分)だったので、私は購入した事を後悔していますが、逆に1万円ちょっとでこのロッド買えると考えたら、めちゃくちゃコスパ良いとも思います。私も売却したり処分するつもりもないので、今後も使い続けるつもりです。そのうち釣れたよ~なんて記事上げれたら良いのですが、時期的にもう来年の話になるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました